帝王切開

4回の帝王切開で4人出産は出来る!

私は子ども4人いますが・・・。
実は4人とも帝王切開で出産しました!

これを言うと。けっこうビックリされます。
帝王切開って、2回目までとか、3回目までとか、よく聞くからかな?と思いますが。

今回は、私の4回の帝王切開の経緯をお話したいと思います♪

1人目の帝王切開

1人は42週の過期産でした。
妊娠中期の終わり頃から、お腹の張りが気になり、張り止めを処方されていました。
入院とはまでいかず・・・。
薬を服用しながら、自宅で安静したりしながら過ごしていました。1人目という事もあり、「張り」について、よく分からず・・・。
不安な毎日を過ごしていました。仕事が産休になり、里帰り出産のため、実家に帰省。
実家では、本当にのんびり過ごさせていただきました。
そのせいもあってか、なかなか生まれてこず・・・。
予定日を過ぎても出てこないため、真夏の暑い日に何日も産院へ通うはめに。そして、入院しようという日の朝に陣痛がきました!
この時、「自然分娩」というイメージがしなかったのですが。

なかなか生まれず、陣痛がきたその日の夜、「緊急帝王切開」になりました。

赤ちゃんは無事に生まれてきて、元気なのですが・・・。
自分が帝王切開になるなんて思ってみなかったので、帝王切開になった事について、自己嫌悪でしかありませんでした。
「出産=幸せ」だと思っていたのに、まったくそんな想いは無く・・・。
毎晩、自分を責めて、泣いてしまう日々でした。

そして「帝王切開」について、何も知らなかった自分の無知さに痛感しました。
産後どうしたら良いのか、まったく分からず・・・。
もっと「帝王切開」について、知っておくべきだったと反省したものです。

帝王切開は、緊急だったため、縦に切りました。
抜糸はなく、自然に溶ける糸で、術後は良好でした♪
ケロイドもなく、けっこうキレイになった記憶があります。

2人目の帝王切開

1人目を生んで、約3年後に2人目を出産しました。
2人目は、まさかの33週の早産でした。

1人目の時と同様、お腹の張りが気になり、薬は服用していました。
が、「体質的にお腹が張りやすい」「1人目も大丈夫だったから大丈夫」という何の根拠もない自信がありました。
なので、ほぼ安静にもせず、1人目の子の育児、フルタイム勤務で、毎日忙しなく過ごしていました。

「やっと産休だー!」とウキウキしながら、有給消化のため、少し早めに入った産休。
ですが、産休に入った直後、管理入院で24時間点滴
管理入院1週間後、破水!!!
救急車で総合病院へ運ばれ、緊急帝王切開に!

1度帝王切開をしていると、陣痛による子宮破裂などの危険があるため、破水してすぐに緊急帝王切開になりました。
1人目が帝王切開でなければ、張り止めの点滴などをして、もう少しもたせるなどの処置の選択肢もあったのかもしれません。
が、私は前回帝王切開だったため、緊急帝王切開の1択だったようです。

予定帝王切開だったのに、いきなりの早産。
産前産後は、もうバタバタでした。
なので、特に卵管結束の話もありませんでした。帝王切開中は、麻酔の効きが悪かったようで・・・。
術中、皮膚が引っ張られる感覚、そして痛みもありました。
なので、途中、麻酔を追加することになりました。抜糸について、今回はホッチキス
1回目と全然違い・・・痛々しい傷口。
見た瞬間、けっこう衝撃的でした。ホッチキスは抜糸ではなく抜鉤(ばっこう)と言います。退院前に、抜鉤(ばっこう)をしました。
抜鉤(ばっこう)自体は、ちょびっと痛いくらいでした。ケロイドについては、前回よりも気になる感じでした。
が、その後、そんなに気にならない感じになって良かったです。

3人目の帝王切開

2人目を生んで、丸3年後に3人目を出産しました。
3回目でようやく予定帝王切開

危うく緊急になりかけましたが、なんとか予定通りの日程で帝王切開で、出産しました。

友だちにも3回帝王切開した子がおり、卵管結束の話がある事は知っていました。
が、先生から、特に話も無く・・・。

手術まで後少し、2・3回前の検診で、ようやく卵管結束の話がありました。
が、正直、手術までの時間も無く、気持ちの整理がつきませんでした。
卵管結束したほうが良いというのは頭で分かっていても、気持ちが追いつかなかったんです。
なので、結局、3回目の帝王切開で卵管結束はしませんでした

4人目が出来たら、またここに来てねって、担当医に笑いながら言われた事を覚えています(笑)
私もその時、4人目について考えていませんでした。
「ここ」というのは、総合病院です。
2人目の早産の経験があり、3人目も同じ総合病院で出産しました。

あわせて読みたい
卵管結紮(らんかんけっさつ)を帝王切開3回目にしなかった理由予定帝王切開を2回目する時に、医師から卵管結紮(らんかんけっさつ)の話をされる事があります。 私は2回目の時は緊急で搬送されて出産だっ...

4人目の帝王切開

そして、3人目を生んだ約2年後に4人目を帝王切開で出産することになりました。
もちろん、3人目の時にお世話になった総合病院の担当医のところへ行くと、苦笑いされちゃいました(笑)
4人目も予定通りに予定帝王切開で出産しました。
術後、癒着の状態などが気になり、先生に聞いてみました。
先生に聞いて見なければ教えてもらえてなかったと思います。
癒着の状態が気になる場合、先生に聞いておく事をオススメします!
癒着は、やっぱりひどかったようです。
膀胱がつり上がった状態だったとか・・・。

お腹の中の事なので、実際に切ってみたいと分からない部分も多いのも現実です。

普段の生活に影響が出る事はないと言われました。
が、次、病気などにより開腹する場合、気をつける必要があると言われました。

よく帝王切開が2回まで、3回までというのは、子宮の状態もありますが。
開腹について、最後は自分のためにとっておくべきだという事が聞いた事があるかと思います。

術後の癒着についても懸念があるせいだとは思います。

まとめ

癒着なども含め、やはり個人差は大きくあると思います。
なので、4回目の帝王切開できるよ!と大きな声では言えません。
子宮破裂が危惧されるのが現状だと思います。
私自身も不安な妊娠生活でした。
ですが、病院の先生も言ってました。
年に何度か4回目の帝王切開するが、みんな無事に生まれてきていると。
今、4回目の帝王切開を控えている方は、不安になり過ぎる事もないと思います。
4回目の帝王切開は、慎重になる必要はあります。
でも、絶対に出来ない!無理!というわけではないと思います。
担当医に相談してみて欲しいと思います。
帝王切開だから…とマイナスに考えず、前向きに2回目、3回目、4回目の帝王切開を考えてほしいなと思います!
ABOUT ME
ゆっきー
広島市で、1才~小学生3年の男女4人の子ども達を子育て中のママ。 カメラ、文房具が大好き♪