帝王切開

卵管結紮(らんかんけっさつ)を帝王切開3回目にしなかった理由

予定帝王切開を2回目する時に、医師から卵管結紮(らんかんけっさつ)の話をされる事があります。
私は2回目の時は緊急で搬送されて出産だったこともあり、何も話はありませんでした。
3回目の時、きっと卵管結紮(らんかんけっさつ)を話がありました。
が、卵管結紮(らんかんけっさつ)はしませんでした。
なぜ、卵管結紮(らんかんけっさつ)をしなかったのか、お話したいと思います。

卵管結紮(らんかんけっさつ)とは?

卵管を糸で縛る事による避妊手術です。
どの避妊にも言える事ですが、100%ではありません。
ですが、比較的に安全で、永久避妊方法です。

1度、卵管結紮(らんかんけっさつ)すると、元に戻す事は出来ません。
慎重に考える必要があります。

3回目・4回目の帝王切開のリスク

帝王切開は、何度もすることで、あまり薦められていません。
子宮膜が薄くなったりするため、子宮破裂など可能性や、癒着などがあるためです。

私は4回の帝王切開をしました。
ネットの中には、5回・6回の帝王切開を経験した方も見かけた事があります。

ですが、一般的には3回までとよく聞きますよね。
これも個人差、医師の意向などもありますが、回数を重ねるたびに、リスクが上がるのは変わりありません。

そのため、3回目の帝王切開で、卵管結紮(らんかんけっさつ)を薦めれる人は多いのです。
私の友人も3回目の帝王切開の際、卵管結紮(らんかんけっさつ)しました。

私が卵管結紮(らんかんけっさつ)をしなかった理由

私は友人から聞いていたので、3回目の帝王切開の時に、卵管結紮(らんかんけっさつ)をするだろうとは思っていました。

が、実際、3人目の妊娠中の時、卵管結紮(らんかんけっさつ)の事をすっかり忘れていました。
担当医からも、卵管結紮(らんかんけっさつ)について話がないまま、妊婦検診が進んでいきました。
そして、予定帝王切開の検診の直前の検診で、

「あ、卵管結紮(らんかんけっさつ)するんだっけ~?」

と軽く話が始まりました。
友人から聞いていたので、卵管結紮(らんかんけっさつ)について多少の知識はありました。
が、その時、即答する事は出来ず、

「家に帰って、主人と相談します」

と言って病院を後にしました。

ですが、私は心の中でモヤモヤしていました。
卵管結紮(らんかんけっさつ)を本当にしてもいいんだろうか?と。

4人目がものすごく欲しいという訳でもありませんでした。
子宮破裂などのリスクがある事も、頭では分かっていました。
卵管結紮(らんかんけっさつ)をしたほうが良いという事も、頭では分かっていました。

でも・・・。
私の心の中でモヤモヤしていました。

結局、私は旦那に相談することもなく、卵管結紮(らんかんけっさつ)をしない事を決めました。

旦那に相談したら、問答無用で卵管結紮(らんかんけっさつ)する事になったと思います。
なので、旦那に相談はしませんでした。

まとめ

結果、約1年半後に4人目を妊娠し、4回目の帝王切開をしました。
3人目の時と同じ病院で、同じ担当医に診てもらいました。
病院は、母子周産期センターのある総合病院です。
担当医は驚き、苦笑してました(笑)
ですが、ハイリスクなので、しっかり丁寧に診てもらえて、リスクに対する不安にも丁寧に答えてくれました。

さすがに5回目の帝王切開は・・・ということで、4回目の帝王切開では問答無用で卵管結紮(らんかんけっさつ)をすることになりました。

卵管結紮(らんかんけっさつ)をするか、しないか。
モヤモヤしたまま、手術をして欲しくないです。
後悔しないように、しっかり考えて欲しいと思います。

私は3回目の時、モヤモヤしたまま、卵管結紮(らんかんけっさつ)をしなくて良かったと思います。
友人は3回目の帝王切開で卵管結紮(らんかんけっさつ)をしました。
4人目が欲しいという気持ちが少しあるようで、卵管結紮(らんかんけっさつ)した事を少し後悔しているような感じがしました。

あわせて読みたい
4回の帝王切開で4人出産は出来る!私は子ども4人いますが・・・。 実は4人とも帝王切開で出産しました! これを言うと。けっこうビックリされます。 帝王切開って、...
ABOUT ME
ゆっきー
広島市で、1才~小学生3年の男女4人の子ども達を子育て中のママ。 カメラ、文房具が大好き♪